TOPへ戻る

ONE横浜どうぶつ整形外科センター様 施工事例

プロジェクト詳細

project details
企業名 ONE横浜どうぶつ整形外科センター
面積 ~100坪
施設用途 その他
施工内容 新設
エリア 神奈川県

プロジェクト概要・
コンセプト

Project / concept

「すべての動物に動ける喜びを」をモットーに整形外科・神経外科疾患の診察・治療に特化しているONEどうぶつ整形外科センター様の横浜新規開院の事例です。賃貸オフィスビルの50坪ほどのスペースに診察室・手術室・滅菌室・CT室・MRI室・入院設備などを効率的に盛り込んだ案件です。

動物病院は大切な命を預かる場であるため、「機能性」と「デザイン」のバランスをポイントにプランニングしました。機能面では、効率的に検査や施術するための動線はもちろん、今後も大型医療機器のメンテナンスや交換を想定した動線も確保しています。内装材も動物が滑りづらい床材や清掃性の高い素材を用いるなど、長く安心して運用していくことを見据えた設計です。デザイン面においては、来院されるお客様の緊張を和らげ、リラックスしてお過ごし頂ける空間になるよう意識しました。エントランスは地域性を盛り込み、港町である「横浜」をイメージしたデザインです。

お客様・医師・動物、皆が快適に過ごせるようプランニングさせて頂きました。

施工内容

construction details

エントランス・待合室

診察室をガラス張りに、天井をスケルトンにすることで限られたスペースに開放感を与え、さらに木目の内装材を使用することで温かみのある明るい雰囲気を演出しました。

その他施工箇所

外観
閑静な街並みに合うスタイリッシュな外観の賃貸オフィスビルの1階に位置しております。

MRI室
一般的な動物病院では珍しいMRI室も構築しました。MRI室に必要なシールド工事は、医療機器の納品スケジュールに合わせ、効率的に進められるよう計画しました。

手術室
無影灯やCアームなどの専用医療機器、院内ネットワークと連動したモニターを設置することで精度の高い手術をスピーディーに行う仕組みと環境を整えました。

その他の施工事例

Another case
  • 関綜エンジニアリング 様
    関綜エンジニアリング 様
  • 森永製菓様【日経ニューオフィス賞 ニューオフィス推進賞受賞】
    森永製菓様【日経ニューオフィス賞 ニューオフィス推進賞受賞】

    【日経ニューオフィス賞ニューオフィス推進賞受賞】ワークショップを軸に研究機能強化、関連会社集約による新たな価値創出するオフィスを実現。顧客・関連企業との「外部の知、協業・共創」を重視し、社内各部との連携・情報交換を促し、新商品開発を加速する施設の実現を目指しました。ワークショップを繰り返し、研究員間の交流・情報交換の促進を目的としたスペースや、テストキッチン、オープンミーティングエリア、ライブラリーデッキを配置し、多様な働き方とコミュニケーションの促進実現を図りました。

  • 東急不動産 様
    東急不動産 様

    東急不動産株式会社が入る渋谷ソラスタの7Fに住宅事業ユニットと呼ばれる部署のオフィスがある。今回は、このワンフロアのリニューアル工事で工期は約一年。従業員が通常業務をされている中での工事の為、フロアを仮設の間仕切で3つに分割し、3工区を移動しながら1工区毎にお客様に引き渡す形で工事を進めていった。コンセプトは「オーガニックリボンが緑との交流をつなぐ、森のようなオフィス」デザイン監修で隈研吾建築都市設計事務所に協力を得て、オフィス・ラボでは、基本設計 / 実施設計 /請負施工/ 施工監理 を担当したコラボレーション案件である。スケルトン天井に、オーガニックリボン(木製のルーバー)が幾重にも重なりながら、河川のようにフロア全体にまたがっている。人の流れは、各所に配置された溜まりスペースに集約されていく。天井にオーガニックリボンの輪を重ねた構造物を吊り、視覚的にも目を引くデザインで自然と人の集まりを誘発させている。配置されたデスクや収納には、再生素材であるOSBや合板、MDFに塗装を施し、高級感をローコストで演出した。硬いイメージになりやすいデスクの島も、天井のオーガニックリボンに合わせて角度を付けたレイアウトとすることでオフィス全体に統一感を与えている。渋谷の街のように多様性にあふれる場所 / 様々な素材 / 多くの緑をフロア全体に散りばめた。それらは、オーガニックリボンを中心にオフィス全体を自然と繋げている。生命力にあふれるオフィスの中を、ワーカーは渋谷の街を散策するかのように、自分の居場所を見つけ出し、より活き活きとしたパフォーマンスの高い働き方を選択することが可能となっている。

  • トーマン・トイズ様
    トーマン・トイズ様

    有名キャラクターからオリジナルまで、幅広いキャラクターグッズを世に生み出す株式会社トーマン・トイズ様。東京支店のご移転をお手伝いさせていただきました。創造性を刺激しつつ、同時にリラックスして落ち着いた気持ちで過ごせるオフィスを目指しました。採光を活かし、ガラスやルーバーなど視線が抜ける間仕切りを採用することで、明るく開放感のある空間に仕上げています。オフィスは曲線をベースに天井の塗装色と床材を変えることで、空間を緩やかに区切りつつ、全体に優しい印象を与えています。また、オフィスの中央とコミュニケーションスペースのテーブルにはシンボルツリーを設置し心地よい空間を実現しました。

  • ディー・キュービック株式会社 様
    ディー・キュービック株式会社 様

    全国で大規模なコンタクトセンターを運営されているディー・キュービック株式会社様の大阪オフィスの移転プロジェクト。「働く人が活き活きと業務が出来て、働く魅力を感じられる今までに無いコンタクトセンターにしたい」というプロジェクトチームの要望の元、コンセプトに「PARK & Resort 」を掲げデザインした。「PARK」はコールセンターを指し、「Resort」は来客・リフレッシュエリアを指している。「PARK」では、ビタミン系のカラースキームとポイントではアクティブファニチャーを配置し、まるで公園内で遊んでいるかのような、愉しさや活発さを表現した。この場で働く人が仕事を愉しむことで、自然とパフォーマンスが上がっていく場を演出している。またサブテーマとしての「魅せる場」を両立させる為、来客エリアと執務エリア間の壁は瞬間調光ガラス間仕切で仕切り、来場者に臨場感をもって伝える事を可能としている。「Resort」では「PARK」とは対照的に安らぎを表現している。様々なスタッフが混在する中、皆が平等にリフレッシュ出来るように、一人でゆっくりできる席、少人数で会話が出来る席、大人数で集まれるよう場と、様々なシュチエーションに対応し、22階の眺望を最大活用できる設計としている。また本物のウッドデッキ材を採用した小上がりや、グリーンも多用した壁面装飾により、人の心身がより安らげる空間を演出した。スタッフを大事に想う経営層の温かい気持ちが詰まった場となっている。ハードな業務内容を日々こなすスタッフ目線の機能と、テーマパークのような愉しさ溢れるインテリアデザインが融合する新しい働く場が完成した。