TOPへ戻る

オープンハウス様 栄営業センター 施工事例

プロジェクト詳細

project details
面積 ~100坪
施設用途 店舗
施工内容 移転
エリア 大阪府

プロジェクト概要・
コンセプト

Project / concept

名古屋デザインのスタンダード
今回名古屋に旗艦店舗を出店することとなり、弊社にデザイン・設計・施工を任せていただきました。

課題は全面ガラス張りのビルの1F、2Fという立地を活かしながら、
幅広いターゲット層を獲得出来るデザインにしていくのかどうか、ということでした。

ご要望としては、名古屋の旗艦店舗らしいラグジュアリー感と親しみやすい雰囲気を求められました。

上記の要望に応えるため、こだわり抜いたのは「 陰影 」の付け方です。
天井はスケルトンの躯体に黒で塗装をし、新たに作る天井に
コントラストを付けました。

それにより、元々高く開放感のある天井が強調され、深い陰影を作り出しています。
更に、全体の照度を落とすことで、スポットライトの照射面が美しいグラデーション
を作り出しています。

メインのカウンター正面には無垢材をモザイクタイル風に貼りライトアップしました。

徹底した「 陰影 」 付けにより全体にラグジュアリーで奥行き感のある印象的
なデザインが完成致しました。

全面ガラスの外観を活かして、外の大通りから見える様にサインは天井吊り下げの
内照式を使用することで視認性を向上させました。

アクセントとしてエイジング加工を施した、木や石など、自然の素材を
取り入れることで、ラグジュアリーの中にも温かみを演出することにより
親しみのある空間を演出いたしました。

その他の施工事例

Another case
  • 森永製菓様【日経ニューオフィス賞 ニューオフィス推進賞受賞】
    森永製菓様【日経ニューオフィス賞 ニューオフィス推進賞受賞】

    日経ニューオフィス賞ニューオフィス推進賞受賞

  • スミセイ情報システム 様
    スミセイ情報システム 様

    「エントランス・来客スペースのリニューアルプロジェクト」と「研修室兼多目的スペースの新設プロジェクト」の事例です。エントランス・来客スペースは「サスティナブル」というキーワードをもとに、エコロジー素材の活用や快適さをコンセプトにデザインしました。グリーンを多く取り入れ、会社理念・取り組みを表現し、来訪者にブランディングを感じていただける空間を目指しました。ガラスのパーティションを使用する事で、採光と奥行を活かした明るい開放感ある空間となりました。研修室兼多目的スペースは、在宅ワークの増加による遊休スペースの有効活用を目的として計画しました。研修スペースは中央に大きく確保し、柱でデットスペースになりやすい窓際には、ベンダーコーナーのあるハイカウンター席、ソファー席などを配置。研修以外の期間はオープンスペースとして、リフレッシュ、社内ミーティング、出張者のワークスペースなどさまざまな用途で活用されています。

  • ロバート・ウォルターズ・ジャパン 様
    ロバート・ウォルターズ・ジャパン 様

    ORIGAMIをコンセプトにしたデザインで各所にORIGAMIのモチーフを表現しました。エントランスの鉄板を折り曲げて表現した造作はアンバランスな納まりでありながら完成されたデザインとして象徴的な場所となりました。

  • HITOWAホールディングス 様
    HITOWAホールディングス 様

    「ひとのために。ひとの力で。ともに明日へ。」をスローガンに、生活総合支援サービスを提供するHITOWAグループ。今後の中⻑期的な企業成⻑と、時代に合わせたハイブリッドなワークスタイルを促すため、全面的なフリーアドレスを導入しました。フロア全体は壁のないオープンな空間にミーティングゾーンや執務ゾーンを混在させ、境界を曖昧にすることで偶発的なコミュニケーションを促します。14Fは集中ブース・リフレッシュエリア・オープンMTGエリアといった機能を設け、自席以外にフロアを越え人が動くことで、混ざり合った人同士の化学変化を誘発させます。場を”選択”し、自律的に働くことを”遊ぶ”場にすることで、一人一人の社員が”新しいHITOWA”を作る空間設計としました。

  • ファインデックス 様
    ファインデックス 様